アイスランド、フェロー諸島、グリーンランド、「新型コロナウイルス」の影響について‐続報 (6/21の状況)

  • 2020年6月22日(月)

「新型コロナウイルス」に関するアイスランド、フェロー諸島及びグリーンランドの状況をお知らせいたします。

■ アイスランドの状況

2020年6月20日にケフラビク空港にてPCR検査を受けた961名のうち1名の陽性が判明、新たな陽性者と回復者との通算で現在の感染者数は8名となっています。

全員が自宅等で隔離療養中で、国立大学病院に入院している人は0名です。

感染の疑いのある検疫中の人は、現在344名で自宅等で経過観察中です。

これまで回復した人は累計1,805名で、全人口の17%が検査済みです。

死亡者数は計10名のままです。

引き続きEU、シェンゲン協定加盟国、英国からの入国は可能ですが、日本を始め米国等のそれ以外の国からの入国は7月01日以降になる予定で、法務省など関係省庁がその要件を検討しております。

■ フェロー諸島の状況

現在の感染者数、自宅で検疫中の人数ともに0名のままです。

これまでの感染者数累計は187名、死亡者数の累計も0名です。

これまで検査を受けた累計数は11,816名で、全人口の22.5%が検査済みです。

4月23日以降、新たな感染者は出ておりません。

現在、デンマーク、グリーンランド、アイスランド、ノルウェー、ドイツの5ヵ国からの旅行者の入国が再開されておりますが、入国前5日以内に検査を受け取得したPCR陰性証明書の提出が必要となります。

6月27日以降、多くの欧州の国々からの入国を可能にするとデンマーク政府が報じたことから、ニールセン首相も、デンマークと歩調を合わせること、ヴァーガル空港でPCR検査を受けることを要件とすると報じております。

6月末まで、日本など他国からの入国者には14日間の検疫が義務化されており、実質、旅行での入国はできません。

アトランティック航空は6月15日より、ヴァーガル空港~コペンハーゲン空港間のデイリー運航が再開されておりますが、まもなく1日2便の運航となる予定です。

なお、昨日6月21日は2便がキャンセルとなりました。

■ グリーンランド

現在の感染者は昨日同様0名、累計の感者数は13名です。死亡者数累計はゼロです。

6月15日より、デンマーク、フェロー諸島、アイスランド、ノルウェー、ドイツからの旅行者のみ、1週間で600人まで旅行者の入国が可能となっておりますが、入国前5日以内に検査を受けた陰性証明書を持参・提示し、入国後は5日間の自宅待機と再度のPCR検査の受診が要件となっており、不履行の場合、罰金が課されます。

現在の所、日本からの入国は認められておりません。

デンマークの現在の感染者数は1,109名で、死亡者数は600名です。

旅行で入国できるのは、グリーンランド、フェロー諸島、アイスランド、ノルウェー、ドイツのみとなっており、それ以外の国に対しては引き続き入国制限があり、現在、観光目的でデンマークを乗り継ぎ/経由することも認められておりません。

スカンジナビア航空の今後の日本線の運航や乗り継ぎの可否についての詳細は、スカンジナビア航空または駐日デンマーク大使館にて、デンマークの入国制限や航空機搭乗時のマスク着用の情報等については、在デンマーク日本大使館のホームぺージにて最新情報をご確認ください。

 → 在デンマーク日本大使館、ホームぺージ

  https://www.dk.emb-japan.go.jp/itpr_ja/taizai-covid19.html#denmarku_2

  https://www.dk.emb-japan.go.jp/files/100062701.pdf

以上、ご注意ください。

情報提供:株式会社ヴァイキング日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ