カンボジア、「新型コロナウイルス」に関する最新情報

  • 2020年6月1日(月)

カンボジアにおける「新型コロナウイルス」に関する最新情報をお知らせいたします。

■ 概要

1) 入国規制国6ヵ国の解除

カンボジア保健省は、5月20日付けにて、入国規制があった6ヵ国(イラン、イタリア、ドイツ、スペイン、フランス、アメリカ)からの入国禁止規制を解除することを発表しました。

3月中旬より開始され、約2ヵ月振りの解除となります。

※現在(6月1日時点)、カンボジアでは入国規制国はありません。

2) 入国時の感染検査

カンボジア保健省は、5月20日付にて、カンボジアに入国する全ての渡航者(カンボジア人を含む)に対し、空港到着後のPCR検査の実施とともに、検査結果が出るまでは、政府指定の場所での待機を発表いたしました。

同一フライトの乗客に1人でも陽性者が確認された場合は、乗客全員が政府指定の宿泊施設に14日間隔離され、隔離13日目に再度PCR検査を受けなければなりません。

なお、隔離対象となった場合の宿泊費は、自己負担となります。

※カンボジア入国にあたっては、新型コロナウイルスの陰性を証明する健康診断書、及び保険額が

 5万ドル以上の保険証書の提示を引き続き求めています。

3) 6月より博物館の営業再開を許可

カンボジア保健省は、文化芸術省に対して、6月01日より博物館の営業再開を許可いたしました。

営業再開の条件として、館内入場時の検温、アルコール消毒の実施が義務付けられております。

※運動施設(ジム含む)、映画館、KTV、娯楽クラブ(カラオケ、ディスコ、ビアガーデンなど)、

 健康マッサージ、スパ事業、カジノは引き続き営業が禁止されております。

※遺跡、博物館以外の観光地は引き続き営業禁止が継続されております。

以上、ご注意ください。

情報提供:エーペックスインターナショナル株式会社日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ