中南米、「新型コロナウイルス」に伴う中南米諸国における影響について

  • 2020年5月29日(金)

既に各種メディアで報じられている通り、中南米最大の航空会社・ラタム航空が経営再建を目的とする破産手続きを開始しております。既にカタール航空からの追加融資決定と、チリやブラジル、コロンビア政府などへの支援要請を行い、今後もフライトの運行業務は維持しつつ、経営の合理化をはかります。

 ** 詳細 https://www.latamreorganizacion.com/en/

---

以下に各国が発表している措置期間等に関する最新情報をお知らせいたします。

なお各措置には例外・変更等もありますので、渡航の際は最新情報をご確認ください。

■ 中南米諸国における入国制限等の措置について

◎ メキシコ

 入国禁止: 米国からのみ / 適用期間: 3月21日~終了時期未定

 外出禁止: 無し

 症例数: 62,540名 / 死亡者数: 6,930名

 その他: 現在メキシコ(特にメキシコシティ)では感染者のピークを迎えている状況ですが、

  地方の市町村などでは過去数週間の間、感染者が発生していない場所もあります。

  感染者が全くなく、隣接する市町村にも感染が見られない15州の324市町村では

  5月18日より経済・社会活動の再開を認めております。

◎ グアテマラ

 入国禁止: 3月17日~終了時期未定

 外出禁止: 毎日 17:00~05:00は外出禁止、外出時はマスクの着用を義務化

 症例数: 2,759名 / 死亡者数: 51名

◎ エルサルバドル

 入国禁止: 3月18日~終了時期未定

 外出禁止: 3月21日~終了時期未定(24時間)

 症例数: 1,810名 / 死亡者数: 34名

◎ コスタリカ

 入国禁止: 3月18日~6月15日

 外出禁止: 3月24日~終了時期未定(22:00~翌朝05:00まで)

 症例数: 924名 / 死亡者数: 10名

 その他: 国際線各社は運航停止中ですが、出国出来なかった外国人を対象に

     米国等への臨時便を運航中です。

◎ ホンジュラス

 入国禁止: 3月16日~終了時期未定

 外出禁止: 3月30日~終了時期未定

 症例数: 3,308名 / 死亡者数: 161名

 その他: 土~日曜は完全な外出禁止となっています。

  なお、外出の際は、マスク着用が義務付けられています。

◎ パナマ

 入国禁止: 3月20日~6月22日

 症例数: 10,255名 / 死亡者数: 295名

 その他: 現在の男女・時間帯別外出禁止措置が、6月01日より夜間外出禁止

    (19:00~朝05:00まで)措置へと移行する予定です。

◎ キューバ

 入国禁止: 3月24日~終了時期未定

 外出禁止: 3月24日~終了時期未定

 症例数: 1,924名 / 死亡者数: 82名

 その他: キューバでは引き続き、ホテルやレストラン等の一時閉鎖が続いております。

  しかし現在、感染者数が徐々に減りつつあるため、6月には国内マーケット用に

  数軒のホテルがサービスを再開する可能性を発表しています。

  空港の再オープンは6月中旬以降となる予定です。

◎ バハマ

 入国禁止: 3月19日~継続

 外出禁止: 3月20日~継続(05:00~21:00)、週末は外出禁止

 症例数: 97名 / 死亡者数: 11名

 その他: マスク着用が義務化されております。

   マスクをしないお客の入店を禁止しています。(違反者には罰金)。

◎ ドミニカ共和国

 入国禁止: 3月19日~終了時期未定

 外出禁止: 3月20日~終了時期未定(17:00~翌朝06:00まで)、ただし都市間移動は解禁

 症例数: 14,321名 / 死亡者数: 464名

 その他: 米国行きのフライトが5月より週1便程度(不定期)に減便となっています。

  5月20日より感染拡大予防措置をとりつつ、企業活動が一部再開しています。

  夜間外出禁止令は、大統領令にて6月1日まで延長されています。

◎ ジャマイカ

 入国禁止: 3月21日~終了時期未定

 外出禁止: 4月01日~終了時期未定(20:00~翌朝06:00まで)

 症例数: 539名 / 死亡者数: 9名

◎ エクアドル

 入国禁止: 3月16日~終了時期未定

 外出禁止: 3月25日~終了時期未定(14:00~翌朝05:00まで)

 症例数: 36,802名 / 死亡者数: 3,224名

 その他: 非常事態宣言が、引き続き適用されています。

  陸海空の国境封鎖、外国人入国制限、県外移動の禁止、国内・国際線航空便の

  運航停止などの措置がとられています。

  外出時のマスクの着用、ソーシャルディスタンスの確保(2m間隔)、60歳以上の外出禁止、

  大規模集会、講演、公演、スポーツイベント、10名以上の集会の禁止といった

  措置がとられています。

◎ コロンビア

 入国禁止: 3月23日~5月30日

 外出禁止: 3月23日~終了時期未定

 症例数: 18,973名 / 死亡者数: 674名

 その他: 6月01~30日の期間、国境閉鎖・都市間の陸路移動制限・

  国内線及び国際線運航停止が継続されます。

  また、6月01~30日の期間、地域ごとの段階的な措置が講じられます。

◎ ペルー

 入国禁止: 3月16日~終了時期未定

 外出禁止: 3月16日~終了時期未定(20:00~04:00まで)、外出時はマスクの着用を義務化

 症例数: 113,518名 / 死亡者数: 3,272名

 その他: 国家非常事態令が6月30日まで延長されています。

  観光については,まず国内の観光より再開し、その後、国外からの観光が再開されます。

  なお、既に一部の航空会社では航空券の販売などが開始されておりますが、最終的には

  感染状況を勘案しながら正式な措置が決定することとなります。

  マチュピチュ遺跡は、7月01日より観光客の入場を開始する予定です。

◎ ボリビア

 入国禁止: 3月22日~5月31日

 外出禁止: 3月22日~終了時期未定

 症例数: 5,455名 / 死亡者数: 231名

 その他: 終日外出禁止令は、全国339の市を高中低の3つのリスクに分類し、

  段階的に緩和される予定です。

◎ パラグアイ

 入国禁止: 3月24日~終了時期未定

 外出禁止: 21:00~05:00は外出禁止、外出時はマスクの着用を義務化

 症例数: 840名 / 死亡者数: 11名

 その他: 自動車通行制限は継続中。

◎ ウルグアイ

 入国禁止: 3月23日~終了時期未定

 外出禁止: 3月23日~終了時期未定

 症例数: 752名 / 死亡者数: 20名

◎ チリ

 入国禁止: 3月18日~終了時期未定

 外出禁止: 3月22日~終了時期未定

 症例数: 70,097名 / 死亡者数: 716名

 その他: 自宅待機措置は、6月05日(金) 22:00まで延長されています。

◎ アルゼンチン

 入国禁止: 3月19日~終了時期未定

 外出禁止: 3月20日~終了時期未定

 症例数: 10,579名 / 死亡者数: 435名

 その他: 現時点ではホテル、観光バス会社などは未だ営業できていない状況です。

  現在営業中のホテルは、海外から帰国者の検疫、またはアルゼンチンに足止め

  されている外国人旅行者のための宿泊サービスのみとなっております。

◎ ブラジル

 入国禁止: 3月30日~6月30日

 外出禁止: 3月24日~終了時期未定(サンパウロ州独自)、外出時のマスク着用を義務化

 症例数: 328,595名 / 死亡者数: 21,235名

情報提供:株式会社ラティーノ日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

メール新規登録

イベント・セミナー情報はありません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ