3月の出国者数は86%減、コロナ拡大で記録的下げ幅に

  • 2020年4月15日(水)

 日本政府観光局(JNTO)によると、今年3月の日本人出国者数(推計値)は前年比85.9%減の27万2700人で、SARS流行時に記録した2003年5月の55.6%減を大きく上回る、過去最高の下げ幅となった。新型コロナウイルスの感染拡大による需要減退で旅行会社がツアーの催行を中止したほか、航空各社も大幅な運休・減便を実施。外務省による感染症危険レベルの引き上げや、諸外国政府による日本人の入国規制やなども大きく影響した。

 昨年の出国者数は5.9%増で過去最高の2008万669人(推定値)を記録したものの、今年は1月から減少を継続。1月は4.9%減の138万762人、2月は14.2%減の131万6820人で、3月までの累計は39.6%減の297万300人となった。観光庁によれば、下げ幅は4月も拡大する見込み。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ