風の旅行社、臨時休業1ヶ月を決定、原氏「休業日記」公開も

  • 2020年4月6日(月)

 風の旅行社は4月6日から5月6日まで臨時休業することを決めた。外出自粛要請が出されるなか、感染拡大の防止や従業員の安全を考慮したという。休業による雇用調整助成金の受給も受ける。5月7日10時30分から通常営業を再開する計画。

 ウェブサイトによると、旅行を申し込み済の顧客には担当者より連絡を実施。今後のツアーの仮予約や問い合わせについては、ウェブサイトで受け付けを継続する。また、メールマガジン「つむじかぜ」は発行を継続するほか、代表取締役の原優二氏による「原の休業日記」もウェブサイト上で公開していく。

 なお、ウェブサイト上で臨時休業を告げる文面では、「春は、初々しい新社会人たちが新しい人生のスタートを切り、それを受け入れる社会もまた心躍る季節です。私どもも、本来ならGWのツアーの最終案内をしながら、夏の予約をお受けし、気分が高揚していく時期です」とし、そのうえで「このようなお知らせをすることが残念でなりません。大変ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます」と呼びかけている。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

イベント・セミナー情報はありません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ