アイスランド、フェロー諸島、グリーンランド、「新型コロナウイルス」の影響について‐続報 (4/03の状況)

  • 2020年4月3日(金)

全世界的に感染が拡大している「新型コロナウイルス」に関するアイスランド、フェロー諸島及びグリーンランドの状況をお知らせいたします。

■ アイスランドの状況

アイスランド国内の感染者は本日2020年4月03日時点で1,035名、7,166名が検疫中、44名が国立病院に入院中、回復した人は284名です。

死亡者は2名増え、累計で4名となりました。人口の6%が検査済みです。

deCODEの検査結果によると、施策が奏功したためか、首都圏での集団感染率が低いことが確認されております。

当初4月13日までを予定していた20名以上の集会禁止令は、5月04日(月)まで継続されることとなりました。またCOVID19追跡アプリは 既にアップルでは利用可能となりました。

入国制限については昨日同様で、現在も外出禁止令は出ておりません。

■ フェロー諸島の状況

感染者は177名、355名が検疫中です。これまで81名が回復し、死亡者は0名です。

アトランティック航空は、4月02日のヴォーアル空港~コペンハーゲン空港間の計12便の運航をキャンセルしております。

なお、現在も入国後14日間検疫下の経過観察が継続されております。

■ グリーンランド

昨日同様感染者は10名のままで、全員首都ヌーク在住者です。死亡者は0名です。

新たに89名の検査結果が出ましたが、全員陰性でした。

首都ヌークのスーパーでは、感染を恐れ、従業員が仕事を辞めるケースが出てきております。

Air Greenlandの国際線・国内線の運休は4月08日(水)まで確定し、この間、グリーンランドへの入国は不可となります。

なお、日本からコペンハーゲンまでのスカンジナビア航空便は4月末まで運休とし、5月に再開を予定するとのことですが、最新の運航予定の詳細や乗り継ぎの可否については、スカンジナビア航空、またはデンマーク大使館にて最新情報をご確認ください。

以上、ご注意ください。

■ その他

スカンジナビア航空が、南米に留め置かれたデンマーク人290名を帰国させるため、コペンハーゲンからリマまで直行便を飛ばしました。飛行距離11,000kmとなり、歴史に残る直行のフライトとしてニュースになりました。

各国が自国民を国に戻す動きが続いております。

情報提供:株式会社ヴァイキング日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

メール新規登録

イベント・セミナー情報はありません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ