JATA、「テレワーク勤務規程例」を作成、会員に活用促す

  • 2020年3月23日(月)

 日本旅行業協会(JATA)はこのほど、「旅行業テレワーク勤務規程例」を作成した。今般の新型コロナウイルスの感染拡大によっても、さらなる検討や取り組みの必要性が生じているテレワークについて、各社の導入を促すことがねらいで、みなし労働時間制の有無によって2タイプを作成。各社の制度に合わせての活用を期待する。

 なお、今回のモデル就業規則作成事業は、東京都「業界団体連携によるテレワーク導入促進事業」の認可を受けて実施したもの。JATAは2月に開催した「JATA経営フォーラム2020」でも、分科会の1つとして、テレワークの導入と活用を促すための「知らぬは損!? 事業力&収益力と従業員満足度を高める旅行事業者のためのテレワーク導入・活用ポイント解説セミナー」を開催している。


旅行業テレワーク勤務規程例(※Wordファイル)

みなし労働時間制「あり」へのリンク
みなし労働時間制「なし」へのリンク

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

イベント・セミナー情報はありません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ