台湾 台北、台湾への新たな管制措置について (台湾観光局発出情報)

  • 2020年3月18日(水)

欧米を始め世界で蔓延している「新型コロナウイルス」感染症に関し、3月17日にて、台湾の衛生福利部(厚生労働省に相当)より新たな管制措置が取られましたので、お知らせ致します。ご参照ください。

1) 3月17日 日本時間午後5時より衛生福利部から発表があり、台湾国内安全の確保の為、台湾国民に対し、3月19日 台湾時間午前0時よりアジア、東南アジア、東欧及び米国3州を警戒レベル第3級の「不要不急の渡航禁止」とします。

2) これを受けて日本を含む外国籍者に対して、3月17日 日本時間午後5時以降飛行機に搭乗した、台湾入国の外国籍に対し「14日間の自宅検疫」が必要となります。

 自宅検疫とは、例えば検疫期間は外出禁止、待機場所限定(ホテル等)、台湾当局等からの電話問診、公共交通の使用不可、出国禁止等という措置を順守して頂きます。

3) またこの措置を受けて、これまで発行されたビザに関しては、一時的に無効となります。

 (留学、就労ビザ等)

4) なお台湾当局では、今後の日本における「新型コロナウイルス」の発症状況に応じて、入国措置は変更の可能性があります。随時情報の更新に注意して下さい。

台湾観光局・台湾観光協会

東京事務所 所長 鄭 憶萍

情報提供:台湾観光局、 株式会社三普旅行社日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

メール新規登録

イベント・セミナー情報はありません。

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ