ANAHD、B787を追加発注、2種類で計20機-国内線に-10投入

  • 2020年2月25日(火)

 ANAホールディングス(ANAHD)は2月25日、B787-10型機を11機(確定11機)、国際線向けにB78-9型機を9機(確定4機、オプション5機)、追加発注すると発表した。B787-10型機はB787シリーズでは最長の胴体を持つ最新型機で、国内線で使用中のB777型機の後継機とする予定。日系航空会社によるB787-10型機の国内線への導入は初めてとなる見込みで、国内線の主力機材をB787シリーズに統一することで、より高い効率性をやコスト削減などを追求する。

 今回発注する機材はいずれもGE製のエンジンを搭載する予定。B787-10型機の納入は2022年度から24年度にかけて、B787-9型機の納入は24年度から25年度にかけてを予定する。ANAHDによるB787シリーズの発注機数は、オプションを含めて103機となる。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ