出国者数、今年はマイナスからスタート、4.9%減の138万人

  • 2020年2月19日(水)

 日本政府観光局(JNTO)によると、今年1月の日本人出国者数(推計値)は前年比4.9%減の138万800人となり、増加基調が続いて初の2000万人を達成した昨年とは一転して、マイナスからのスタートとなった。2月19日に定例記者会見を開いた観光庁長官の田端浩氏によれば、昨年10月末に開始した冬ダイヤの日本発着国際線便数は前年を上回り、ハワイなど好調な方面もある一方、「香港でのデモの継続などの影響が出ている」という。

 田端氏はそのほか「旅行会社からは新型コロナウイルスの影響も受けていると聞いているので、今後は状況を見極めながら対策を取っていきたい」と語った。

 なお、昨年の出国者数は5.9%増で、累計出国者数は2008万600人(推定値)を記録した。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ