JAL、「空飛ぶクルマ」など検討、住友商事&「ベル・ヘリコプター」と提携

  • 2020年2月12日(水)

ベル製eVTOLイメージ(発表資料より転載) 日本航空(JL)と住友商事はこのほど、ベル・ヘリコプターで知られるベル・テキストロンと電動垂直離陸機(eVTOL)などを活用した事業について共同研究を推進する業務提携を締結した。eVTOLは「空飛ぶクルマ」としてベルなどが開発を進めており、提携ではベルのeVTOL機材を活用した航空輸送分野での新規事業の創出や次世代インフラ事業の開発などをめざし、日本やアジアで市場調査などの共同研究に取り組む。

 具体的には、eVTOLを使用した移動サービスなどを実現するため日本とアジアで市場調査を実施。また、そのためのインフラ構築も検討する。さらに、eVTOLへの理解の促進や安全確保、騒音対策などの課題解決、企業への参加と協力の依頼などにも取り組む。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ