スイス政観、日本支局長が交代へ、5月1日からサラ・ロロフ氏

  • 2020年1月27日(月)

スイス政府観光局日本支局長兼旅行業界担当に就任予定のサラ・ロロフ氏 スイス政府観光局は、日本支局長兼旅行業界担当にサラ・ロロフ氏を任命する。着任は5月1日の予定。現任のファビアン・クレール氏は4月1日付けでブラジル支局長に就任し、サンパウロ支局へ移る予定という。

 ロロフ氏は幼少期の1年間を神戸で過ごした経歴を持ち、大学卒業後はエンガディン・サン・モリッツ観光局やスイスのジャルディーノ・ホテルグループでマーケティングやピーアール関連の業務を担当。2014年からスイス政府観光局のロンドン支局でメディア&コミュニケーション統括部長兼局次長を務めてきた。5月1日以降、東京オフィスで日本支局の現スタッフ2名とともに日本でのプロモーション業務に従事する。

■海外ニュース

TASACASHLESS
メール新規登録
ワンクリックアンケート

昨年、プライベートで海外旅行に行かなかった最大の理由は何ですか?

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ