オーストラリア シドニー郊外、ブルーマウンテンズ地区にて発生している「山火事」に伴う影響‐続報3

  • 2019年12月6日(金)

2019年11月30日(土)、シドニー郊外・ブルーマウンテンズ地区、一般旅行者が多く訪れるカトゥーンバ近くのRuined Castle(ルーインド・キャッスル)にて発生した山火事(ブッシュファイヤー)の現在の状況をお知らせいたします。

山火事は延焼の範囲を広げ、現地時間本日12月06日(金) 午前10:00時点で1,259haまで広がっております。火は断崖に沿って北方向、シーニックワールドの方向へ近づきつつあり、カトゥーンバの南端の1.5kmの地点まで迫っております。

しかしながら、ブッシュファイヤーのおきているジャミソンバレーの谷底とカトゥーンバの南端は、およそ200mの高さの断崖絶壁で区切られているため、その火がカトゥーンバの街に直ちに危険が迫っていることはありません。

エコーポイントは現在もオープンしておりますが、エコーポイントを除くと一般旅行者の訪れるほぼ全ての展望台が、昨日に引き続き閉鎖されております。

■ 立ち入り禁止となっている展望ポイント

◎ カトゥーンバ

 * ランドスライドルックアウト

 * サイクロラマポイント

 * マライタポイント

 * イーグルホークルックアウト

 * カトゥーンバフォールズ

 * クリフビュールックアウト

 * ハネムーンルックアウト

◎ ルーラ

 * ルーラカスケード

 * オリンピアンアンドエリシアンロック

 * サブライムポイント

◎ ウェントワース・フォールズ

 * リンカーンロック(キングステーブルランド)

シドニー市内上空は引き続き煙霧に覆われ、煙さ、焦げ臭さはあまり感じられません。しかしながら、PM2.5の値は一昨日の300台、昨日の200台より改善はされてはいるものの、12月06日の昼 12:00現在のシドニー市内でPM2.5の値は185という高い数値を記録しています。

このように大気の質が悪い状態が1週間近く続くことは、今までシドニーにおいては、ほとんどありませんでした。シドニー在住者の間でも、この大気質指数の値に関心が集まり、本日の午前中には環境局のサイトがアクセス過多によりダウンし、一時的に繋がらなくなるという影響も現れました。

環境局からの警告は一段階下がりましたが、引き続き、全ての人、特に心臓病または肺疾患のある人は屋外での運動を避け、できるだけ室内にとどまるよう、警告が出されております 。

シドニー市内は会社、商店、交通機関などは通常通り営業、運行されており、街中は普段と変わず、またシドニー空港もこの影響によるフライト発着の乱れはありません。

現在当該地域にご滞在中、また近日中に訪問予定の方は、引き続き最新情報に十分ご注意ください。

★ 参考:

* シドニー近郊の山火事発生状況

 https://www.rfs.nsw.gov.au/fire-information/fires-near-me

* シドニー近郊交通規制状況

 https://www.livetraffic.com/desktop.html

* ブルーマウンテン・ガゼット

 https://www.bluemountainsgazette.com.au/

* ブルーマウンテン地区村議会

 https://www.bmcc.nsw.gov.au/

情報提供:株式会社トランスオービット日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

アリタリア航空
TASACASHLESS
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

消費税の増税によって売上は

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ