ホテル・ニッコー、台湾・高雄に開業へ、260室-2023年

  • 2019年12月4日(水)

 ホテルオークラ子会社のオークラ・ニッコー・ホテルマネジメントは2023年、台湾で「ホテル・ニッコー高雄」を開業する計画だ。高雄市が再開発を進めている「亜州新湾区」に位置し、MRT三多商圏駅から徒歩約4分の立地。地上21階地下4階の建物に約260室の客室を配する予定だ。客室の標準面積は約36平方メートル。

 館内には、和食などのレストランのほか屋外プールやフィットネスクラブ、大浴場などを設ける。宴会・会議用スペースも6室設け、ビジネスとレジャー両方の需要を獲得していく。

 なお、ホテルオークラグループとしては、現在運営中の「ホテル・ロイヤル・ニッコー・タイペイ」と 「オークラ・プレステージ台北」のほか、2022年には「オークラ・プレステージ台中」も開業予定で、ホテル・ニッコー高雄は台湾で4軒目の施設となる。

■海外ニュース

アリタリア航空
TASACASHLESS
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

消費税の増税によって売上は

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ