チリ サンチアゴ / 大規模な「抗議活動」に伴う影響‐続報4

  • 2019年11月19日(火)

 チリ全土にて行われておりました大規模な反政府「抗議活動」が開始されてから1ヵ月が経過いたしましたが、既に運休していた地下鉄は再開し、バス路線も概ね通常通りに運行しております。

 その他、各空港、全国の観光地、ショッピング、通学、行政機関なども通常通りに営業しております。

チリ観光省の報告では、全国的の観光施設はほぼ平常通りに運営されております。観光省では、観光業への影響を最小限に抑えるための取り組みが行われており、その詳細は日々同省ホームページに公開されております。

※チリ観光省 ホームページ https://www.sernatur.cl/mapa/

先週には政府が憲法を改正し、あわせて暴力的な圧力を加えた警察への処罰を発表したことで、市民による抗議活動は落ち着きを見せており、先週末にはデモが発生しませんでした。

 しかしながら大都市の中心地では、現在も平日の夕方に市民が集まり平和的な抗議活動が続けられていることから、観光の際は、市内中心地の観光は午前中に行い、夕方以降はデモによる中心地の混雑を避けるといった対応が必要となります。

 チリへのご旅行をご予定の方は、引き続きご注意ください。

情報提供:株式会社ラティーノ日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

Travelport
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

昨年と比べて忘年会に行く回数は

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ