香港政観、新理事長に元CXのチェン氏-「評判を再構築」

  • 2019年11月7日(木)

チェン氏  香港政府観光局このほど、11月1日付けで新たな理事長にデーン・チェンが就任したと発表した。今後は同局の実務に関するトップとして、ブランド開発とプロモーション活動を推進する。2007年から同職を務めていた前任のアンソニー・ラウ氏は8月をもって契約を満了し、退任したという。

 チェン氏は1986年に香港の大学を卒業後、キャセイパシフィック航空(CX)に入社し、本社や各地域で上級職を歴任。30年に渡り航空と観光に関して経験を積んだのち、前職は香港の不動産会社の恒隆地産でグループのサービスを統括するエグゼクティブディレクターを務めた。就任にあたっては「香港の観光・旅行業界が直面している状況は厳しいが、好まれる旅行先としての香港の地位を維持してくことを楽しみにしている」とコメントしている。

 同局会長のパン・ユウカイ氏はチェン氏について「豊富な知識と優れたマネジメントスキルで香港を世界にプロモーションしてくれると確信している」と期待を寄せるとともに、「機が熟した時に大規模なグローバルプロモーションを展開し、香港の評判を再構築していくだろう」と述べている。

■海外ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

年に何回くらい海外出張に行きますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ