全日空、今冬の香港路線を縮小、デモで需要減-羽田は維持

  • 2019年10月31日(木)

 全日空(NH)は10月31日、デモの影響で需要が減少している香港路線について、冬ダイヤ中の一部期間における減便および運休、機材変更を実施すると発表した。同社によれば香港発の需要に大きな変化はないが、日本発の利用者は8月以降、約2割減少しているという。

 週14便を運航中の成田線については12月1日から27日までと1月5日から3月28日の間、エアージャパン(NQ)による週7便を運休する。週7便の中部線については12月1日から18日までと2月4日から3月28日の間を運休する。

 週7便の関空線については、12月1日から18日までと2月4日から3月28日までの間、現行のB767-300ER型機をA320neo型機に変更する。座席数はビジネスクラス35席、エコノミークラス167席の計202席から、ビジネス8席、エコノミー138席の計146席へと3割近く減少する。週14便の羽田線については変更はないという。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ヴァージン・オーストラリア航空
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

旅行業界で天才と思える人材に出会ったことが

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ