スカイマーク、サイパン線に11月29日就航へ-ブランディング刷新も

  • 2019年10月24日(木)
市江氏

 スカイマーク(BC)は、初の国際線となる成田/サイパン線について今年11月29日に運航を開始すると発表した。国際線就航に合わせて、新たに国際線ウェブサイトと国際線予約センターも開設。サイパン線の予約受付は11月1日から開始する。BC代表取締役社長の市江正彦氏は会見で「単に国際線に進出するというだけでなく、他社とは違う価値を提供するサイパン線にしていく」と意気込みを示した。

 2020年3月28日までの運航スケジュールも発表。往路のBC811便は成田を10時15分に出てサイパンへ15時00分に到着。復路のBC816便はサイパンを16時35分に出発し成田には19時30に到着する(土曜日はサイパン17時05分発、成田20時00分着)に設定した。

 また、就航日から来年3月31日まで「SAIPAN BIG プロモーション」を展開。就航記念として20年3月28日までの期間、片道3800円の特別料金サイパンスペシャルを設定(販売期間は19年11月1日~12月31日)。BC専務取締役の加藤勝也氏は、デルタ航空(DL)が撤退してから1年半が経つことから、「サイパンの市場をもう一度耕して、種をまいて、実を育てていきたい」とプロモーションの意図を説明した。

 さらに、BCホームページ上でサイパンのホテル、レンタカー、オプショナルツアーを予約できる特別サイト「TRIP DESIGN ROOM」を開設。さまざまなモデルプランも提案することで、サイパン旅行への動機付けを高めていく方針だ。19年3月31日まではサイパン国際空港と主要ホテルを結ぶ無料シャトルバスの運行も予定。需要動向を見ながら、4月以降も継続するか決定する。

 このほか、加藤氏は、主要旅行会社とパッケージ商品造成の話を進めていることも明らかにした。しかし、就航日や予約開始日の決定が遅れたことから、「今年度の商品造成は限られる。現在は次年度以降の本格的な造成に向けた準備をしているところ」とコメント。販売については、「年間6万9000席の座席を埋めるのが最大の目標。直販と旅行会社経由の販売との割合にこだわりはない」とした。

 BC専務取締役執行役員の本橋学氏は、国際線進出の背景について「国内線での収益を成長市場である国際線に投入し、国内線だけでは限界のある機材の稼働率を上げることでさらに事業を拡大していく」と説明。

 また、サイパン就航については、地元からの要望が強かったことを理由のひとつに挙げ、今年3月とゴールデンウィークに実施したチャータ便も地元から歓迎を受けたことを紹介したうえで、「就航地とWin-Winの関係を築いていきたい」とした。

 同路線の目標について、市江氏は現時点で明確な目標は示せないとしながらも、撤退したDLは8割ほどの搭乗率を保っていたことから、「その程度には持っていきたい」との期待を示した。このほか、市江氏は今後の国際線の方向性についても言及。「就航地については、大手があまり飛んでいない独自性のあるところを考えていく。仮に神戸空港から国際線を飛ばすことが可能になれば、検討していきたい」と説明した。

サイパン線就航に合わせて新ブランドを立ち上げ

 BCは、成田/サイパン線への就航に合わせて、新しいブランディング「YOUR WING.」を立ち上げた。市江氏は、新生スカイマークの方針として、「革新性と多様性」「地域創生」「安全・安心・快適・身近」を挙げたうえで、「YOUR WING.には、“皆様一人一人の翼になりたい”というメッセージが込められている」と説明。1年をかけて200回ほどの社内ワークショップをおこない、この新しいタグラインを決めたという。

 BCはこれまでフルサービスキャリアを頂点とする価値体系のなかで、価格的にもサービス的に「ちょうどいい」エアラインをめざしてきたが、2025年に向けた長期ビジョンではフルサービスキャリアとは別の新しい価値体系の構築をめざす。市江氏は「スカイマークブランドを定着させ、お客様ひとりひとりに寄り添うことで、何度でも乗りたくなる航空会社をめざす」と強調した。

■海外ニュース

オーストリア航空
スイスインターナショナルエアラインズ
TASACASHLESS
ワンクリックアンケート

消費税の増税によって売上は

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

メール新規登録
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ