飛鳥クルーズの新船長が決定、赤松憲光氏が第13代船長に

  • 2019年10月3日(木)

赤松憲光氏 郵船クルーズは10月1日、飛鳥クルーズの第13代目となる新船長を決定したと発表した。新船長は現在飛鳥IIで副船長を務める赤松憲光氏で、10月下旬に飛鳥IIの船長に就任する予定だ。第12代船長の堤義晴氏は10月1日付で郵船クルーズの取締役常務執行役員に就任している。

 なお、赤松氏は初代飛鳥から数えて第13代目、飛鳥IIのみでは第8代目の船長となる。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ