関空、7月の国際線旅客は13%増、発着数は記録更新

  • 2019年8月26日(月)

 関西エアポートによると、関西国際空港の7月の国際線旅客数(速報値)は前年比13%増の218万542人となり、7月の最高値を更新した。同社によれば中国と東南アジアが堅調に増加し、北米や欧州も成長を後押しした。内訳は日本人が8%増の62万4840人、外国人が16%増の153万650人で、外国人は7月の記録を更新。通過客は9%減の2万5052人だった。国際線旅客便の発着回数は13%増の1万2457回で、単月の記録を更新した。

 国内線は旅客数が12%増の61万2920人で、旅客便発着回数は9%増の4160回。国際線と国内線を合わせた総旅客数は13%増の279万3462人で、旅客便の総発着回数は13%増の1万6617回だった。総旅客数は7月の記録を更新した。

 なお、伊丹空港の国内線旅客は6%増の138万7471人で、旅客便発着回数は3%増の1万1645回。神戸空港は国内線旅客数が6%増の28万1004人で、発着回数は4%増の1864回だった。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

マネパカード1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

社内に旧帝大を卒業した人が

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ