JTB、新宿で「ファミリーデー」、社内や家庭の交流促進

  • 2019年8月22日(木)

 JTB法人事業本部で新宿を拠点とする9つの事業所が8月21日、家族や親戚と交流しJTBの仕事に触れてもらうイベント「ファミリーデー」を開催した。もともとJTBでは、法人とレジャーなど業務の内容も形態も異なるなかで、働き方改革やダイバーシティ推進などは事業部などの単位で取り組んできており、ファミリーデーもその一環として実施。2年前に一部の事業所で初めて開催し、昨年には複数事業部の共催となって子どもを含めて110名が参加。今年は約220名の親子らが集まった。

 イベントは、準備に100名以上が関わり日頃は業務以外の接点を持ちにくい事業部間で交流する機会となるほか、JTB新宿第二事業部業務課の片山はるか氏によると、親子の交流や同僚の子どもとの「ななめの交流」の場ともなり、さらに子どもにとっては社会との接点を提供できているという。

 自身も子育て中である片山氏は「子どもたちには働く尊さに少しでも触れる機会を与えたい」との考えで、今年のイベントでは日程表を作成したり、自分の名刺を持って親の同僚と交換したりするプログラムを用意。昨年は、実際に帰宅時の経路でJRの発券申込書を作成し、お金を払って乗車券を受け取る体験をしたという。

 また、今年は農林水産省から米の消費拡大に関する事業を受託していることにちなんで、食育の機会としておかきの味付け体験を設定したほか、さらに初めて日本航空(JL)の協力のもと制服を着用して記念撮影するコーナーも設けた。

 片山氏は、来年以降もより良いイベントとして育てていきたい考えで、例えばJTBグループの他の事業に関わっているスタッフも参加可能とする、あるいは子どもたちの年齢の幅を広げるなど様々な可能性にチャレンジしていきたいという。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

史上最高の日本人野球選手は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ