田端長官、20年の出国者数「2000万人の1割増」を提案

  • 2019年8月22日(木)

田端氏  観光庁長官の田端浩氏はこのほど開催した業界誌向けの定例記者会見で、政府目標の期限よりも1年早い、年内の達成の可能性が高まっている年間出国者数2000万人について語り、「今年は2000万人を達成して、2020年はその10%増」をめざしたいとの私案を示した。昨年7月末の就任からの1年間を振り返るとともに、今後の抱負について述べたもので「JATAにも働きかけたい」という。

 10%増の根拠として田端氏は、オリンピック・パラリンピックの開催年は出国者数が減少する傾向が見られる一方で、来年には首都圏空港の発着枠拡大などの追い風が吹くことを説明。また、さらなる新規路線の開設やチャーター便の増加、地方における海外旅行需要の喚起などにも期待を示し、外交面で重要性が増しているツーウェイツーリズムに引き続き注力する考えを示した。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

史上最高の日本人野球選手は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ