キャリチャ

燃油、10・11月は値下がり、円高も影響-全日空発表

  • 2019年8月19日
  • Travel vision編集部

 全日空(NH)は10月と11月の発券分について、燃油サーチャージを値下げすることを発表した。同期間の設定額の基準となる6月と7月のシンガポールケロシン市況価格が1バレル76.58米ドル、為替レートが1ドル108.14円となり、円換算で1バレル8282円となったため、改定基準で1ランク値下がりすることとなった。

 8月と9月の発券分ではシンガポールケロシンの市況価格が81.81米ドル、為替レートが1ドル110.77円であった結果、円換算が9073円となっており、今回はケロシンの値下がりと円高のそれぞれが効いたことになる。

全日空 燃油サーチャージ 2019年10月・11月発券分

路線変更後変更前
日本=北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア1万500円1万4000円
日本=ハワイ・インド・インドネシア6000円8500円
日本=タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア4500円6500円
日本=ベトナム・フィリピン・グアム3000円4000円
日本=東アジア(韓国除く)2500円3500円
日本=韓国500円1000円

コメント 0件

関連ニュース