ラオス / 「ジャール平原・巨大石壺群」世界遺産登録!

  • 2019年8月13日(火)

 アゼルバイジャンの首都バクーで開催されていた第43回ユネスコの世界遺産委員会において2019年7月06日、ラオス北部、ポンサワン県シェンクワンの「ジャール平原・巨大石壺群」が世界遺産登録されました。

 ルアンパバンとワットプーに次ぐ、ラオスでは3つ目の世界遺産となります。

 ぜひラオスの新・世界遺産「ジャール平原・巨大石壺群」へお越しください。

★ ジャール平原・巨大石壺群
ラオス北部シェンクアン県最大のハイライト、ジャール平原は、巨岩を削ってできた幾つもの石壺が点在している平原です。石壺は大きなもので高さ3.25mにも及びます。

 この石壺の用途については、様々な説が論じられており、石壺の側から人骨や石器、ガラス玉などの日用品が発見されたことから石棺説が有力とされておりますが、その真相は未だ明らかにされていません。

 ジャール平原は、悠久の歴史ロマンを感じさせてくれる場所です。

情報提供:エーペックスインターナショナル株式会社日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

エルアルイスラエル航空
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

ラグビーW杯で日本代表は南アフリカ代表に

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ