ミャンマー / 「バガン遺跡」世界遺産登録!

  • 2019年8月13日(火)

 アゼルバイジャンで開催された第43回世界遺産委員会にて、ミャンマー中部の「バガン遺跡」が、2019年7月06日に世界遺産に登録されました!
ミャンマーの世界遺産は、2014年に登録された中部バゴー管区の「ピュー古代都市群」に次ぐ2ヵ所目となります。

 ぜひ新世界遺産・バガン遺跡をご覧にミャンマーへお越しください。

★ バガン遺跡
バガン遺跡(ミャンマー)は、アンコールワット遺跡(カンボジア)やボロブドゥール遺跡(インドネシア)とともに世界三大仏教遺跡のひとつとして称されています。

 11世紀から13世紀にかけて都として栄え、400万という膨大な数のパゴダが建設されました。今は2,000基を超えるほどしか残っていませんが、それでもかつての栄華をしのぶには十分と言えるでしょう。

 バガン王朝を代表する美しさをもつ“アーナンダー寺院”、壁画や仏像などが多く残る“ダマヤンジー寺院”、バガンで最も高い寺院として有名な“タビニュ寺院”などは必見です。

情報提供:エーペックスインターナショナル株式会社日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

エルアルイスラエル航空
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

ラグビーW杯で日本代表は南アフリカ代表に

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ