キャリチャ

フォーシーズンズ、インドと米国に新ホテル、米州は今後も開業計画

  • 2019年7月31日
  • Travel vision編集部

 フォーシーズンズホテルズ&リゾーツはこのほど、インドに「フォーシーズンズホテル バンガロール アット エンバシーワン」、アメリカに「フォーシーズンズホテル ワンダルトンストリート ボストン」と「フォーシーズンズホテル フィラデルフィア アット コムキャストセンター」をオープンした。

 バンガロールは191の客室と、インドでは同社初となるプライベートレジデンス105戸を構える。一方、ボストンの客室数は215室で、各客室は床から天井まで全面ガラス張りの大きな窓が付いていることと、220メートルの高さが特徴。フィラデルフィアは「コムキャストテクノロジーセンター」の48階から60階までを占め、219室の客室のほかレストランやスパ、宴会・会議スペースも備える。

 またフォーシーズンズでは、今後もコロンビアに「フォーシーズンズホテル アンド プライベートレジデンス カルタヘナ」を開業する計画。カルタヘナは歴史的建造物を修復して建設し、131の客室と約16のプライベートレジデンスを備える。さらにミネアポリスでもホテルとプライベートレジデンスを開業する計画だ。

コメント 0件

関連ニュース