キャリチャ

JALグ、新たな制服のデザインを発表、20年4月から着用

  • 2019年7月23日

 JALグループは7月23日、日本航空(JL)の客室乗務員や空港の地上スタッフなど、グループの航空運送事業に関わる全部門のスタッフが2020年4月から着用する、新たな制服のデザインを発表した。制服のリニューアルは7年ぶりで、JLが公式エアラインパートナーを務める同年の東京五輪にあわせたもの。実施については昨年8月に発表していた。
 
  このうち客室乗務員の制服は、デザイナーの江角泰俊氏が「Hybrid Modern Beauty」をテーマに制作。ロゴマークの「鶴丸」とブランドカラーの赤を活かしながら、着心地が良く高い動作性を実現したという。

新たな客室乗務員の制服

新たな地上接客スタッフの制服

関連ニュース