ラオス ビエンチャン郊外 / ラム酒工場「ラオディ」ご紹介

  • 2019年7月5日(金)

 広島県出身の井上育三賀氏が経営するラム酒工場「ラオディ」をご紹介いたします。

 場所は、ビエンチャン郊外約47km、車で1時間ほどのメコン川沿いにあります。

 広大なサトウキビ畑を所有し、サトウキビの生産からラム酒の醸造まですべて自社で行っています。こちらの工場は事前予約にて見学が可能で、畑や工場についての説明が受けられ、ラム酒やラムベースのリキュールの試飲、購入もできます。(注意: 日曜日、及びラオス祝日は休業日のため見学不可)
見学所要時間は1~2時間です。

 ビエンチャンにお越しの際には、「ラオディ」にも足を伸ばされてみてはいかがでしょうか。

  ※ラオディ(LAODI)
住所: Km47 National Road South No.13, Naxone Village, Pakgum District, Vientiane Capital, Laos
詳細: http://rhumlaodi.com/jp/

情報提供:エーペックスインターナショナル株式会社日本海外ツアーオペレーター協会

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ