熊本で欧州需要を喚起、セミナーに40名参加-フィンエアーとJATA協力

  • 2019年7月3日(水)

 フィンエアー(AY)によると、熊本欧州文化交流協会が6月28日に日本旅行業協会(JATA)とAYの協力のもと、熊本で「ヨーロッパセミナー」を開催した。九州、特に熊本から欧州へ気軽に行けることの周知を目的としたもので、旅行会社や行政、企業の関係者40名が参加したという。

 冒頭、JATA九州事務局長の長岡俊和氏は、「青少年の海外旅行の重要性」に言及し、そうした異文化との触れ合いがツーウェイツーリズムの発展につながると強調したという。また、セミナーでは、AY西日本統括支店長の堀田博之氏がAYの利便性をアピールしたほか、フィンランド政府観光局局長の能登重好氏も登壇し、特にフィンランドの教育旅行に焦点を当ててプレゼンテーションを実施した。

 なお、熊本欧州文化交流協会は熊本出身でAY旅客営業部課長の木下俊作氏が2016年に設立したもので、欧州の魅力を熊本県民に伝え、また熊本の伝統文化や芸能、観光情報を欧州に向けて発信する取り組みも実施。

 木下氏は、「アウトバウンドの旅行を促進することにより、海外からみた熊本の魅力を県民に再認識していただきたい」と語るとともに、「インバウンドにおいても、熊本の観光資源を世界に発信し、熊本を国際観光都市へと発展させる活動をしていきたい」とするコメントを発表している。

※訂正案内(編集部 2019年7月4日07時20分)
訂正箇所:記事タイトル
誤:傘下

正:参加
お詫びして訂正いたします

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

フライドポテトで一番おいしいと思うチェーン店は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ