日立トラベルビューロー、BCDグループが株式7割取得、「海外での成長期待」

  • 2019年7月2日(火)

 日立トラベルビューロー(HTB)の親会社であった日立物流は7月1日、BCDトラベル・アジアにHTBの株式の70%を譲渡した。HTBはこれまで日立物流の100%子会社であったが、グローバルTMCであるBCDトラベルが発行済株式の過半を持つこととなる。

 日立物流では、今回の株式譲渡について中期経営計画で掲げる「強固なコア領域構築のためのポートフォリオ戦略の実行」の一環であると説明。そのうえで、BTM市場では海外での成長が期待されるなかで、HTBが持つ業務渡航サービスのノウハウとBCDグループの資源などを融合させることで、さらなる事業拡大をはかるとしている。

 また、BCDトラベル側も今回の株式譲渡を「大きな投資」であると発表し、「長期間に渡る慎重な計画の結果であり、アジア太平洋地域へのコミットメントの表れでもある」と説明。そのうえで、HTBとともにグローバルとローカルそれぞれの市場に対してより良いプロダクトとサービスを提供していくと意欲を示した。

 HTBは1967年8月15日の創業で、資本金1億円。BCD側の資料によると社員数は280名。2018年度の取扱額は356億円で、日立物流の2018年度連結業績における売上収益への寄与は、航空会社やホテルなどへの支払いなどを除いて約34億円だったという。

 今後の経営体制についてBCDの書面では、現社長の大谷一彦氏に引き続き舵取りを委ねるとしている。ただし、HTBによると役員体制についてはすでにBCDトラベル側を含めた株主総会が開催され、取締役5名のうち2名が非常勤で、監査役も1名がそれぞれBCDトラベル側から就任しているという。

 なお、グローバル展開している大手TMCでは、アメリカンエキスプレス・グローバルビジネストラベル(GBT)が日本旅行と「日本旅行・グローバルビジネストラベル」、CWTグループはJTBとの合弁会社「JTBビジネストラベルソリューションズ(JTB-CWT)」を設立。出資比率は、前者でGBT55%と日本旅行45%、後者でJTB70%とCWT30%という。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

タイムマシーンがあったら

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ