[倒産]5月の旅行業は3件減の2件、負債計4000万円

  • 2019年6月11日(火)

 東京商工リサーチ(TSR)によれば、今年5月に発生した負債額1000万円以上の旅行会社の倒産件数は前年比3件減の2件で、9ヶ月ぶりに前年同月を下回った。負債総額は約4000万円。

TSR資料より転載

 このうち約3000万円は、名古屋市の第3種旅行業者のトラベルポストによるもの。中小企業や一般向けに、ピーク時の2007年9月期には約2億900万円を売り上げるなどしていたが、近年は法人からの受注が鈍化し、17年9月期の売上高は約4800万円にまで落ち込んでいた。以降も業況は回復せず、事業継続を断念して4月18日には名古屋地方裁判所から破産開始決定を受けた。

 なお、1月からの累計倒産件数は3件増の13件で前年を上回っているが、TSRは「中小・零細規模の業者が行き詰まる事態を中心に、旅行業の倒産は底打ちの兆しを見せている」とコメントしている。

TSR資料より転載

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ