コンカーってそもそも何?今さら聞けない経費精算&OBTの世界

  • 2019年7月16日(火)

 業務渡航、TMC界隈で「コンカー」の名前が聞かれるようになって久しいが、本社のある米国市場ではいわゆる「フォーチュン500」の企業の75%以上が導入するなど大きな潮流となっているのに対し、日本の旅行業界では未だ評価が安定しない。そもそもコンカーとはどのような会社なのか。そして旅行業界にはどのように関わるのか。「コンカーの名前はよく聞くが実際のところはよく分からない」、そんな心の声に応えるべくコンカー事業開発本部本部長の阪尾素行氏、トラベル事業推進室室長の冨田千恵氏、マーケティング本部コーポレートマーケティング部マネージャーの安東知佳氏に初歩から話を聞いた。

「Expense」「Invoice」「Travel」が3本柱、経費の処理総額は13兆円

 もともとは「Concur Technologies, Inc.」として1993年に米国ワシントン州に創業し、当時はフロッピーディスクでインストールする経費精算システムを販売していたが、2000年頃からクラウド化に舵を切った。2014年にドイツの大手ソフトウェア企業SAPの傘下に入り、現在では、社名は「Concur Technologies, Inc.」を維持しつつ「SAP Concur」のブランドを使用している。

 製品群は、従業員の経費精算・管理に関する「Concur Expense」、仕入れなどベンダー関連の経費管理に焦点を当てた「Concur Invoice」、そして出張関連の「Concur Travel」を軸として展開している。導入企業は約4万8000社で5970万人以上が利用し、処理する経費の総額は年間で13兆円を超える。

 Concur Expenseは、具体的には交通費や接待交際費などの立替経費の精算を自動化するもの。交通系ICカードや法人カード、JapanTaxiやUberなどの外部サービスと連携して、経費明細情報を自動で取り込むことができる。また、Concur Invoiceは郵送やメールで届く請求書をOCRや入力代行サービスを経由してシステムに入力でき、手間がかからない。

 そしてConcur Travelは、出張の手配から出張者の危機管理まで、出張管理全体を効率化できるサービスだ。ほかの2つは経費の支払った後の「後工程」だが、Travelだけは「前工程」。出張旅費は手配の段階で出張規程を徹底させることで経費発生前にコントロールできるため、購買側の仕組みまで手を出しているかたちだ。そしてConcur TravelとConcur Expenseの両方を活用することで、出張の手配から帰社後の経費精算まで、出張に関わる間接業務全体を一気通貫で効率化できる。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
ワンクリックアンケート

増税前にまとめ買いを

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ