シンガポール航空、日本線の機内食に「スーパーフード」採用

  • 2019年6月10日(月)

「ローストチキンとファッロリゾット」  シンガポール航空(SQ)は今年7月から12月まで、シンガポール/成田、羽田、中部線と成田/ロサンゼルス線のプレミアムエコノミークラスおよびエコノミークラスで、栄養バランスに優れた栄養価の高い「スーパーフード」を使った機内食を提供する。「Eating Well」をコンセプトに日本支社が開発したもので、昼食と夕食にキヌアやスペルト小麦、枝豆、ブロッコリーなどを使用する。

 提供するのはスペルト小麦を使用した「ローストチキンとファッロリゾット」や、レンズ豆を使った「レッドレンティルとチキンのロースト」など。新たな機内食メニューについてSQ日本支社長のデイヴィッド・ラウ氏は「飛行機に搭乗されるお客様は近年、機内での食事も身体に良いものやバラエティーに富んだメニューを好まれており、SQはこれからもお客様のライフスタイルに寄り添ったサービスを提供する」とコメントしている。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

エルアルイスラエル航空
メール新規登録
ワンクリックアンケート

ラグビーW杯で日本代表は南アフリカ代表に

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ