タヒチ、市場回復へ早期予約推進、7月には新キャンペーンも

  • 2019年6月5日(水)

ウエノヤマ氏 タヒチ観光局は6月4日、東京で「タヒチの島々セミナー2019」を開催し、観光局がプロモーション戦略を説明したほか、ホテル、ランドオペレーター、クルーズ会社、航空会社などもプレゼンテーションを実施し、関係者も含め約140人が集まった。

 同観光局ジェネラルマネージャーのジャック・ウエノヤマ氏は冒頭、2018年に日本人訪問者が9912人と前年比約22.6%減少したことに言及。「各国からタヒチへの訪問者が増えており、今年2月末までの数値でも米・仏は30%増となった一方、市場3番手の日本は26%減だった」と述べた。

 昨年の日本人の減少について、同観光局日本支局COOの森啓三郎氏は「北米路線増加で利用可能な客室数が減少し、料金が高止まりしている。90日前から直前になる日本人の予約傾向から、需要の高いシーズンに部屋がない状況となり、リーズナブルな競合デスティネーションが台頭した」と分析。そこで、観光局では日本人旅行者数の回復に向け、早期予約メリットの紹介や、ハネムーン向けだけでない新たな商材の開拓・紹介、タヒチの認知度アップ、旅行会社向けセミナーや研修の増加などによる最新情報の提供・連携強化に取り組むことを明言した。

森氏 今後のプロモーション活動は、2016年から続くキャンペーン「マナに包まれて」を継続。さらに「早期割引」のデジタルバナー広告を6月末まで実施後、7月からは新キャンペーン「あなたの楽園を見つけよう。」を開始する。これは、タヒチでできるさまざまな体験を映像で紹介するもので、トレッキング、乗馬、花を編むなど96種類のアクティビティが見られるという。また、キャンペーンの成果を計測・分析するデジタルツール「ADARA Impact」を同観光局はグローバルで導入している。

 森氏によると、旅行業界向けには、大規模なセミナーだけでなく、営業所単位などの個別セミナーも積極的に実施していく。「タヒチ・スペシャリスト・プログラム」も強化し、今年10月以降に内容を刷新した新プログラムを展開する考え。

ネットワーキングランチではタヒチアンダンスショーも開催 このほか、エア・タヒチ・ヌイ(TN)の向田将也氏は、9月6日から切り替わるB787-9型機のサービス内容のほか、冬期スケジュールでは復路が日・金の1時30分発となるため最終日のパペーテ泊が不要になることを説明。さらに、TNは好調のイースター島に加え、「2020年2月あるいは3月にプンタ・アレーナス、エルカラファテなどパタゴニアへのチャーターを予定している」という。今後は旅行会社専用サイトを公開、ヨシダナギ氏撮影による新広告もスタートすることが発表された。

 各ホテルの改装情報では、タヒチ イア オラ ビーチ リゾート マネージド バイ ソフィテルの水上バンガローの改装が今年5月に完成しており、ボラボラ・パール・ビーチリゾート&スパは今年12月から5ヶ月かけて全面改装し、水上バンガローを30弱増築して来年4月末にソフトオープンするという。

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ