シルバーシークルーズ、ガラパゴス専用船を就航へ、環境対策も

  • 2019年6月3日(月)

 シルバーシー・クルーズは2020年6月、ガラパゴス諸島専用のクルーズ船「シルバー・オリジン」を就航する計画だ。全長101メートルで総トン数は5800トン、乗客定員は100名。客室はプライベートバルコニーのついた8カテゴリーのスイートルームからなる。食事は本場のエクアドル料理や地域のワインなどが提供され、エクアドルの文化を感じることができる。

 また、環境保護のための最新技術を導入し、下水は厳格な基準値を上回るレベルまで浄化してから処理をする、錨を使わないよう動力装置にポジショニングシステムを搭載することで海底を傷つけないようにするなど環境に配慮したという。

■海外ニュース

ヴァージン・オーストラリア航空
ビズリーチ
ワンクリックアンケート

旅行業界で天才と思える人材に出会ったことが

投票する

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

LINEスタンプ
  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ