日本航空とマレーシア航空が共同事業へ、20年の実現へATI申請

  • 2019年5月27日(月)

 日本航空(JL)とマレーシア航空(MH)はこのほど、共同事業の実施に向けて覚書を締結した。すでに関係当局に対して独占禁止法適用除外(ATI)を申請しており、2020年までの共同事業の開始をめざす。

 なお、両社はMHがワンワールドに加盟した2012年からコードシェア提携を開始。現在の日本/マレーシア間の路線網は、成田/クアラルンプール線をJLが週7便、MHが週12便でそれぞれ運航。このほかMHは関空/クアラルンプール線も週7便、成田/コタキナバル線にも週2便で就航している。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

エルアルイスラエル航空
メール新規登録
ワンクリックアンケート

ラグビーW杯で日本代表は南アフリカ代表に

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ