シンガポール、東京と福岡で商談会、映画をプロモ手段の1つに

  • 2019年5月26日(日)

現地から25のサプライヤーが来日  シンガポール政府観光局(STB)はこのほど東京と福岡で、今年で4回目となる「トラベルマート&セミナー」を開催した。今回はホテルや観光施設など、STBを含めて25のサプライヤーが来日。5月21日には東京、23日には福岡で、日本の旅行会社からの参加者と商談およびセミナーを実施した。

 21日に東京会場で挨拶に立ったSTB日本支局長の柴田亮平氏は、一昨年からシンガポールを訪問する外国人観光客数が順調に伸びていることについて述べるとともに、2018年の日本人旅行者数も対前年比4.6%増の約83万人と堅調に増加したことを説明。あわせて今年に入ってからも、2%から3%程度伸びていることを明らかにした。

柴田氏  STBは、2018年から新ブランド「Passion Made Possible」を展開しており、観光大使に俳優の斎藤工さんを迎えてプロモーションビデオを制作するなど、新しい試みを進めている。同時に力を入れているのが映画によるピーアールで、現在公開中の「劇場版名探偵コナン 紺青の拳」は、同シリーズでは初めての日本以外を舞台にした作品で、公開から38日間で観客動員数が651万人を突破したという。

 同作品が、幅広い層にシンガポールにアピールする機会となっていることについて柴田氏は「映画も強力なピーアールのツールと考えている」と述べ、加えて「幅広い人々にシンガポールに関心を持っていただけるよう努力していく」と意欲を表明した。

次ページ>>>セミナーはレジャーや団体など4テーマ、空港内新施設もアピール

■海外ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ