東武トップ、3月も海外・国内・訪日すべて前年割れ、海外団体は好調も

  • 2019年5月26日(日)

 東武トップツアーズの2019年3月の取扱実績で、海外、国内、訪日の3部門を合計した総取扱額は8.3%減の96億7176万円となった。先月に続いて3部門いずれも前年を下回っている。

 海外旅行は4.5%減の31億1966万円で、団体旅行は4.7%増となったものの、個人旅行が苦戦した。団体のうちわけとしては、一般団体は5.4%減だったが、教育旅行が15.9%増と好調だった。個人旅行では企画商品が36.7%減、その他の個人旅行が7.8%減などとなった。

 海外旅行の取り扱い人数は8.1%減で、団体旅行が1.7%減、企画商品が3.8%減。方面別で見ると、団体旅行では台湾が82.2%増、中国が56.9%増、欧州・ロシアが35.4%増、香港が33.8%増、北米が30.6%増などとなり前年を上回った。一方、企画商品でも中国が225.0%増となったほか、シンガポールも156.6%増と2倍以上の伸長。このほか北米が77.6%増、韓国が26.7%増、香港が20.8%増などとなった。

 また、国内旅行は9.7%減の56億103万円で、団体旅行が11.5%減、個人旅行のうち企画商品が4.5%減、その他が8.7%減という結果に。団体旅行は、一般団体が13.6%減、教育旅行が17.4%減といずれも苦戦した。

 このほか、訪日旅行は12.8%減の7億2346万円と2桁の減少した。海外、国内、訪日のいずれにも属さないその他の取扱額は9.7%減の2億2761万円となった。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行会社で勤務経験がある有名人は誰でしょう?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ