阪急、新橋に「クルーズサロン」、記念商品は横浜/上海2000円から

  • 2019年5月11日(土)

 阪急交通社は5月15日、東京の新橋サービスセンターと同じビルの3階に「阪急クルーズサロン」を開設する。同社はクルーズ旅行事業に注力しているところで、1階のサービスセンターと連携してクルーズ販売強化をはかる。同社によればターゲットは「ハードリピーターや高額商品を買い求める方々」という。

 サロンには、クルーズマスター1名とクルーズコンサルタント12名が在籍。フロア面積は63平方メートルで、カウンター3つとテーブル席2つを用意している。

 オープン記念商品として、MSCスプレンディダによる横浜から上海までの片道クルーズを体験する商品「はじめてのクルーズ体験 横浜・上海4日間」を設定。6月2日出発限定で、空港諸税や燃油サーチャージ、船内チップなどは別途必要となるが、内側キャビンを2名1室利用で1名あたり2000円、海側バルコニー付きキャビンを1万円で提供する。

 同社は2017年1月には、大阪の阪急グランドビルに専門カウンター「クルーズセンター」を設置。また、日本発着の外航客船クルーズの販売を強化し、日本船チャーターなども積極的に実施している。これらの取り組みにより、客層はシニア世代からファミリー、3世代、女性旅へと拡大しているという。


■海外ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

通勤のカバンは

投票する

助成金・補助金情報

「【新潟県佐渡市】バス旅行商品造成支援補助金 / 接続バス利用商品造成支援補助金」
2019年度バス旅行商品造成支援補助金 募集要領一般団体・斡旋団体等のバス旅行や、バス会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ