米ディズニー、スター・ウォーズ新エリア詳細発表-新テーマランドも

  • 2019年4月25日(木)
©Disney
発表会にはカイロ・レン(真ん中)がストームトルーパーを引き連れて登場

 アメリカ・ディズニーリゾートは4月24日、2019年に登場予定の新エリア「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」の詳細を発表した。ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル(DDI)バイスプレジデントのジェフ・ヴァン・ランジェヴェルト氏は、「ディズニーだけでなくスター・ウォーズのファンも待っているであろう新エリアについて、早く話したくてうずうずしていた」と喜びを語った。

 新エリアには、2つのアトラクションが登場する。1つ目は「ミレニアム・ファルコン:スマグラーズ・ラン」で、ゲストは“銀河最速のガラクタ”「ミレニアム・ファルコン」に乗り込み、秘密のミッションに挑戦する。2つ目は、参加型アトラクション「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・レジスタンス」だ。ゲスト自らがレジスタンスに参加し、ファースト・オーダーとの決戦に参入する。

 エリア内には、フード&ドリンクや買い物を楽しめるショップも展開。ストリートマーケットには、映画に登場する「ブルーミルク」「グリーンミルク」を堪能できる「ミルクスタンド」、大きなポッドレーサー・エンジンの火力で焼いたサンドイッチを楽しめる「ロント・ロースター」などを設置。また、自分で「アストロメク・ドロイド」を組み立てたり、ライトセーバーをカスタマイズしたりできるショップも登場する。

©Disney
ミッキーとミニーも応援に駆けつけた。左から、ミッキー、澤田智子氏(DDIシニアマネジャー)、ラファ氏、マリリン氏、ジェフ氏、ミニー

 カリフォルニア ディズニーランド・リゾート(DLR)アンバサダーのラファ・バロン氏は、「エリア内ではアトラクション、食事、飲み物などを通じてゲスト自身が物語の一部になれる。自分だけの銀河系の物語を作り上げてほしい」と語った。

 さらに発表会の最後には、フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(WDW)アンバサダーのマリリン・ウエスト氏も登壇。2020年、DLRにマーベル「スーパーヒーロー」のテーマランド、WDWに映画「トロン」「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」「レミーのおいしいレストラン」をテーマにしたアトラクションをオープンすることを発表した。マリリン氏は、「あらゆる人に楽しんでもらえるはず。アメリカで会えるのを楽しみにしています」と語った。

 なお、「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」は、2019年5月31日よりDLR、同年8月29日よりWDWにオープンする。

■海外ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

通勤のカバンは

投票する

助成金・補助金情報

「【新潟県佐渡市】バス旅行商品造成支援補助金 / 接続バス利用商品造成支援補助金」
2019年度バス旅行商品造成支援補助金 募集要領一般団体・斡旋団体等のバス旅行や、バス会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ