旅行業倒産、18年度は件数2割増も負債額は過去最少

  • 2019年4月9日(火)

 東京商工リサーチ(TSR)によると、2018年度の旅行業者の倒産(負債額1000万円以上)は、件数が前年比23.1%増の32件で2年ぶりに増加して4年ぶりに30件台となった一方、負債総額は21.1%減の約23億円で2年連続の減少となり、過去20年間では12年度の28億4700万円を抜いて最少記録を更新した。5億円以上の倒産が1件から0件に減少したほか、従業員5人未満の小・零細企業の倒産が中心だったことが影響した。

東京商工リサーチ資料より(クリックで拡大)

 原因別では、「販売不振」が全体の78.1%を占める25件で、これに「既往のシワ寄せ」と「売掛金等回収難」を合わせた「不況型」の倒産は、87.5%の28件となった。TSRは「競争力のない企業の脱落が目立ってきている」とコメントしている。資本金別では5000万円以上1億円未満が3件、1000万円以上5000万円未満が20件、500万円以上1000万円未満と100万円以上500万円未満が4件ずつ、100万円未満が1件。

 このほか、地区別では関東が62.5%を占める20件で最も多く、そのほかは近畿と九州が4件、中部が3件、北陸が1件となった。

 なお、2019月3月の倒産件数は3件増の4件、負債総額は8.8%減の1億6600万円だった。件数は6ヶ月連続、負債総額は4ヶ月連続の増加。

次ページ>>>各種データ

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
ワンクリックアンケート

史上最高の日本人野球選手は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ