ベトナムのバンブーエアウェイズが初就航へ、茨城にチャーター

  • 2019年4月5日(金)

QH機  ベトナムの航空会社であるバンブーエアウェイズ(QH)は4月28日と5月2日、茨城空港にチャーター便を運航する計画だ。QHは17年5月31日の会社設立後、2019年1月16日に運航を開始した新興航空会社で、日本への乗り入れはこれが初めて。現在は国内線17路線を展開しており、日本へのチャーターは国際線としても初の運航となる予定だ。

QH、VJSC、エアチャータージャパンの関係者による記念撮影 今回のチャーターは、ベトナムの訪日旅行ホールセラーであるVJSCが用機者となって運航する訪日チャーターで、使用機材はA321NEO型機。QHは今後も日本国内に積極的なチャーターを運航していく方針という。

 なお、QHの茨城チャーター実現に向けては、日本側ではチャーター専門旅行会社JMRSの関連会社であるエアーチャータージャパンとJBSが航空局との調整や申請業務などを担当した。今後は沖縄などへの双方向チャーターも実施したいという。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ベルトラ1
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

通勤のカバンは

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ