「家庭画報」の世界文化社が旅行会社設立、富裕層ターゲットに

  • 2019年4月2日(火)

 「家庭画報」などを発行する出版社の世界文化社は4月1日、完全子会社の旅行会社「プレミアム旅行社」を設立した。同社による旅行会社の設立は初めて。これまではクラブツーリズム「家庭画報の旅」など、他社との協働により旅行商品の企画に携わってきたが、今後は子会社が本格的に旅行事業に取り組み、特に富裕層をターゲットとして「出版社ならではの旅行ビジネス拡大」をめざすという。現在は観光庁への第1種旅行業登録申請を準備中。

 予定する事業は、「家庭画報」などの雑誌コンテンツを活用した自社企画による海外・国内旅行商品の販売、オーダーメイド旅行の手配、他社とのコラボレーションツアーの企画・販売など。資本金は5000万円で、代表者は世界文化社取締役専務執行役員で家庭画報ブランド事業本部長の秋山和輝氏が兼任する。

※訂正案内(編集部 2019年4月3日10時25分)
訂正箇所:第1段落最終文
誤:観光庁には、すでに第1種旅行業登録の申請を済ませている。

正:現在は観光庁への第1種旅行業登録申請を準備中。
お詫びして訂正いたします

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ