全日空、A380が成田到着-ハワイ強化へ「全スタッフの総力」

  • 2019年3月21日(木)

NHのA380型機初号機 全日空(NH)が成田/ホノルル路線に投入を予定しているA380型機「FLYING HONU」の初号機が3月21日、成田空港へ到着した。前日にフランスのトゥールーズで引き渡しを受けたもので、今後、定期便就航に向けた準備を進めて5月24日から一般客向けの運航を開始する。21日に開催したメディア向けの到着セレモニーには、ANAホールディングス代表取締役社長の片野坂真哉氏、エアバス・ジャパン代表取締役社長のステファン・ジヌー氏、NH執行役員成田空港支店長の石田洋平氏が登壇した。

 片野坂氏は到着セレモニーで、「無事に初号機のデリバリーフライトを終えることができたことを誠にありがたいと思っている」と挨拶。そのうえで、「このA380の性能を引き出し、空港に直接携わるスタッフはもとより、日本、そしてハワイの全スタッフの総力を挙げ、安全で快適な『FLYING HONU』のハワイ便への就航に向けてこれから準備をしていく」と意欲を語った。

 3機の「FLYING HONU」は成田/ホノルル線に導入し、NHにとってハワイ戦略の基盤となる。片野坂氏は実際に搭乗した感想も踏まえて、「非常に静粛性があり、またハワイを感じることのできる空間、バーカウンター、着替えや赤ちゃんの授乳に使える多目的ルームなど多彩な設備を用意している」とコメント。その上で、「安全で快適な就航をするためにA380の性能を引き出すべく、日本、そしてハワイの全スタッフが総力を挙げて準備に入りたい」と述べた。

セレモニーの様子 機体デザインは、ハワイで“神聖な生き物”として愛されている「ウミガメ」をモチーフに採用。初号機は「ハワイの空×ANAブルー」、2号機は「ハワイの海×エメラルドグリーン」、3号機は「ハワイの夕日×サンセットオレンジ」と、ハワイをイメージした3色で展開。座席数はファースト8席、ビジネス56席、プレミアムエコノミー73席、エコノミー383席の計520席。エコノミーのうち後方60席は「カウチシート」を採用しており、片野坂氏によると「私も寝転がってみたが、誠に快適」という。

 このほか、ハワイ市場への取り組みでは、A380型機の導入以外にもホノルル空港に大規模な自社ラウンジの開設を計画。家族向けの「FAMILY AREA」を含む「ANA LOUNGE」と上級クラス向けの「ANA SUITE LOUNGE」の2エリアを配置するもので、ラウンジからはA380型機の2階席へ直接可能だ。

 なお、到着セレモニーの最後にはエアバス・ジャパンのステファン・ジヌー氏が登壇。ジヌー氏は、「FLYING HONU」について「機体をNHへ無事に引き渡すことができて安心している」と笑顔を見せた。そして、「5月より、A380が本格的に就航するということで非常に楽しみ。今後も、NHのサポートをしていきたい」と語った。

※訂正案内(編集部 2019年4月23日19時13分)
片野坂真哉氏の役職を誤って表記しておりました。お詫びするとともに訂正いたします。

■海外ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

夏季休暇は何月に取りますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ