日本旅行、18年は総取扱額2.2%増、12月は海外2桁増に

  • 2019年2月19日(火)

 日本旅行の2018年における通年の旅行取扱額は、海外旅行、国内旅行、国際旅行とその他を合わせて前年比2.2%増の4297億6697万円となった。国内が1.3%減の2600億6944万円と前年を下回ったものの、海外旅行が5.2%増の1242億8644万円となり、国際旅行も17.9増の452億2834万円と増加した。

 海外旅行のうち団体旅行は11.7%増の246億4820万円で、一般団体が11.6%増の145億8736万円、教育旅行団体が12.0%増の100億6084万円といずれも好調。一方、企画旅行はマッハ・ベストツアーが3.2%増の318億975万円、他社企画が25.3%減の51億398万円となり、全体も2.0%減の369億1372万円に留まった。そのほか個人旅行は6.5%増の537億3984万円、ビジネス目的の航空券などの「その他」部門が12.3%増の89億8467万円となった。

 国内旅行も同様に、団体旅行が2.0%増の7474682万円となった一方、企画商品が4.0%減の982億6032万円と前年割れ。内訳を見ると、団体は一般が3.1%増の407億6830万円、教育旅行が0.6%増の339億7853万円、企画の赤い風船が2.3%減の931億8845万円、他社企画が26.6%減の50億7187万円となった。

 このほか、JR券が3.2%減の400億4634万円、航空券が5.2%増の241億8555万円、観光施設への入場券などの「その他」部門が3.5%減の228億3042万円となり、これら「個人等」部門は1.1%減の870億6230万円となった。

12月は海外、国内ともプラス

 12月単月の実績では、海外旅行が11.6%増の90億5573万円、国内旅行が1.5%増の197億8004万円、国際旅行が23.7%増の33億3176万円といずれもプラス成長。

 海外では団体旅行が30.2%増の27億1342万円、企画商品が4.6%減の21億4902万円、個人旅行が4.7%増の34億6392万円、「その他」が54.3%増の7億2938万円となった。団体と企画の内訳は、団体の一般団体は0.8%増の5億6316万円、教育旅行は41.0%増の21億5026万円。マッハ・ベストツアーは5.1%増の174279万円、他社企画が0623万円であった。

 国内旅行では、団体旅行が0.2%減の628985万円となったものの、企画商品が7.5%増の729202万円と牽引。内訳は、一般団体が2.5%増の28億693万円、教育旅行が2.4%減の34億8292万円となり、企画商品では赤い風船が10.5%増の69億6291万円、他社企画が32.2%減の3億2911万円となった。

 また、「個人等」部門は3.2%減の61億9818万円で、うちJR券は3.2%増の31億8389万円、航空券は21.1%増の13億2281万円、「その他」が24.0%減の24.0%減の16億9147万円であった。

■海外ニュース

メール新規登録

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ