主要49社の海外旅行、18年度3Q累計は7%増、33社が前年超え

  • 2019年2月17日(日)

 観光庁が取りまとめた主要旅行会社49社の2018年度第3四半期累計(4月~12月)の旅行取扱概況で、海外旅行を扱う47社の海外旅行取扱額の合計は、前年比7.0%増の1兆6250億9600万円だった。四半期別の伸び率は、第1四半期は9.0%増、第2四半期は4.5%増と若干伸び悩んだが、第3四半期は8.0%増と回復した。

 企業別の取扱額の1位はJTB12社計で、3.0%増の4598億6159万円。2位はエイチ・アイ・エス(HIS)6社計で16.9%増の3368億2236万円、3位は阪急交通社3社計で13.1%増の1755億8403万円となった。4位はKNT-CTホールディングス13社計で6.4%増の1237億1146万円、5位は日本旅行で6.8%増の970億1533万円。上位5社で全取扱額の73.4%を占める結果となった。

 上位10位中前年を上回ったのは9社で、最も増加したのはHIS6社計。唯一前年を下回ったのはジャルパックで、4.7%減の409億9839万円だった。

 前年からの伸び率を見ると、名鉄観光バスが取扱額は1億3254万円とわずかながらも36.1%増で1位となった。同社は4月から7月と11月についても伸び率が最も高かった。2位は旅工房で22.7%増の202億4324万円、3位はHIS6社計となった。47社中33社が前年を上回った。

 海外募集型企画旅行の取扱額は2.4%減の3175億1200万円、取扱人数は9.8%減の139万3332人、1人あたりの単価は8.3%増の22万7880円だった。

 なお、第3四半期累計の国内旅行の取扱額は2.1%減の2兆2145億2542万円、訪日旅行は15.2%増の1852億4541万円、総取扱額は2.1%増の4兆248億6684万円だった。

次ページ>>▽12月の海外旅行は8.8%増、ニッコウトラベルが3倍超

主要旅行会社取扱概況(Excelファイル)

2018年度第3四半期累計
2018年度第3四半期累計(詳細データ)

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ