HTJ、19年は「発見ハワイ」、数字テーマに-年12回分の「回数券」贈呈

  • 2019年1月24日(木)

HTJ局次長のミツエ・ヴァーレイ氏   ハワイ州観光局(HTJ)は1月24日、今年の新しいプロモーションとして「発見 ハワイ」を発表した。「数字で見つけるハワイの魅力」がコンセプトで、ハワイの大自然や歴史、文化、グルメ、アクティビティ、観光名所などに関する数字を紹介し、ハワイの魅力を訴求する。具体的には、ハワイにまつわる知識をチェックする「発見ハワイ検定」や、1年間に最大12回ハワイへ渡航できる往復航空券を提供するプレゼント・キャンペーンを実施。特設サイトや公式インスタグラムも開設した。

 同日に東京都内で開催した記者会見で、HTJ局次長のミツエ・ヴァーレイ氏は「ハワイ6島のストーリーやコンテンツの魅力を数字で紹介し、ハワイへの関心を高めるきっかけ作りとしたい」とねらいを説明した。

 次いでPR&マーケティングマネージャーの宮本紗絵氏が、プロモーションの内容を紹介。アピールする数字の例として、ワイキキのカピオラニ公園が東京ドーム約13個分に相当する「60万平方メートル」の広さがあることや、ハワイ諸島の固有種が「2944種」にも及ぶこと、ラナイ島の信号機が「0個」であることなどを挙げた。プロモーションに合わせて作成した小冊子「発見ハワイ図鑑」にはこうした数字を55個収録。特設サイトでも紹介する。

「発見ハワイ検定」の出題画面(イメージ) また、「発見ハワイ検定」として、数字やハワイの雑学に関する問題を10問出題し、正解数に応じてハワイ習熟度レベルを判定できる仕組みを特設サイト上に用意した。

 加えて、検定参加者などを対象に、「発見ハワイ ハンター」キャンペーンを実施。第1弾では1月24日から4月30日までに検定を受け、結果をソーシャルメディアでシェアするなどの条件をクリアして応募した人から、3組6名に12枚綴りの「ハワイ往復回数券」を贈呈する。回数券は毎月1回利用可能できる往復航空券で、エアアジアX(D7)、全日空(NH)、日本航空(JL)がそれぞれ1組2名分を提供する。

 今後は5月1日から7月31日まで、第2弾としてハワイのパッケージツアーを、8月1日から11月30日まで、第3弾としてハワイ4島周遊クルーズを贈呈するキャンペーンも予定する。

 このほか、デジタル技術を積極的に活用し、従来は印刷物を使用していたスタンプラリーをデジタル化した「発見ハワイデジタル・スタンプラリー」も実施する。スマートフォンアプリ「COCOAR2」をダウンロードしてアプリを起動し、オアフ島やハワイ島にある8つの銅像のなかから3つを巡ってデジタルスタンプを集めると各種賞品が当たるもので、応募期間は3月1日から9月30日まで。

(左から)ヴァーレイ氏、石田さん、東松さん  なお、記者会見では新プロモーションの発表を記念し、6代目のハワイ州観光親善大使を務める女優・モデルの石田ニコルさんと、広告代理店のサラリーマンながら6年間で48ヶ国を旅した“リーマントラベラー”の東松寛文さんによるトークセッションも開催した。

■海外ニュース

シンガポールトラベルマート&セミナー2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

平成のスターといえば?

投票する

助成金・補助金情報

「ミートツーリズムツアー造成支援事業補助金」
趣旨都城市では、「日本一の肉と焼酎のふるさと・都城」で、本物の肉と焼酎を味わい、その魅力...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ