タイ、バンコク以外へ直行便を、1年以内の朗報めざす-200万人実現へ

  • 2019年1月23日(水)

(右から)TAT副総裁のチャッタン・クンチョーン・ナ・アユタヤー氏、東京事務所所長のパッタラアノン・ナ・チェンマイ氏 タイ国政府観光庁(TAT)は1月23日、副総裁のチャッタン・クンチョーン・ナ・アユタヤー氏の来日に合わせてメディア懇談会を開催した。このなかでチャッタン氏は、現在はバンコクへと集中している日本からの直行便について「是非とも地方路線を誘致したい」と意欲を語り、「最優先で取り組み、可能な限りすべてのサポートを提供する」ことで早ければ年内にも就航への道筋をつけたい考えを示した。今回の来日でも航空会社との会談の機会を得ている。

 TATは2015年に日本旅行業協会(JATA)、日本貿易振興機構(JETRO)、テレビ朝日とMOUを交わし、2020年までに日本人訪問者数を200万人に増加する目標を掲げているところ。これに対して2018年は約160万人で着地したといい、残りの40万人増を実現するためにも路線の拡充は重要な要素となる。

 また、200万人達成に向けては、ファーストタイマーの獲得とリピーターのリピート率向上のそれぞれに取り組む方針。前者については、学生をターゲットにした旅行プランの企画コンテスト「MY NEW THAILAND」キャンペーンや、パスポート取得費用の一部をキャッシュバックし、さらに抽選で往復航空券をプレゼントするキャンペーンなどの取り組みを今後も継続。

 一方、リピーターに対しては、ランパーン、ペッチャブーン、ナーン、ブリーラム、ルーイ、サムットソンクラーム、ラーチャブリー、トラート、チャンタブリー、トラン、チュンポーン、ナコーンシータマラートの12県を、「タイ12の秘宝」と題してその魅力をアピール。また、マラソンやクッキング、ムエタイ体験などのSIT需要にも積極的に取り組んでいく。

 チャッタン氏は、旅行会社に対してこうした取り組みへの参画を期待。また、ファーストタイマーの掘り起こし策として日本側でも大都市圏以外の地方需要に可能性を見出しており、TAT東京事務所所長のパッタラアノン・ナ・チェンマイ氏はその点でも旅行会社の力を発揮してほしいとの考えを語った。

■海外ニュース

インフィニ 123キャンペーン2019
メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

史上最高の日本人野球選手は?

投票する

助成金・補助金情報

「【福島県いわき市】いわき市バス借上助成募集について」
いわき市は、バス利用による団体旅行を誘致し、いわき市全体の観光客の増加を図るため、旅行会...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ