18年出国者数は1895万人、過去最高にー6年ぶり記録更新

  • 2019年1月16日(水)

 日本政府観光局(JNTO)によると、2018年の日本人出国者数(推計値)は前年比6.0%増の1895万4000人となり、12年の1849万657人を上回って最高記録を更新した。観光庁長官の田端浩氏は1月16日に開催した業界誌向けの記者会見で、増加の理由として、航空座席数の増加や近隣国との外交関係の安定などを挙げた。

 12月単月の出国者数は10.9%増の162万9300人で今年2度目の2桁増となったが、期待されていた1900万人台を達成するには至らなかった。

 出国者数は12年に記録を更新した後、13年は5.5%減の1747万2748人、14年は3.3%減の1690万3388人、15年は4.1%減の1621万3789人と減少が続いた。しかし16年は5.6%増の1711万6420人と増加に転じ、17年も4.5%増の1788万9292人となっていた。

 18年は2月が6.9%減の139万518人と前年を下回ったものの、それ以外の月はすべて前年を上回った。10月には12.8%増を記録している。

 なお、18年の訪日外客数は8.7%増の3119万1900人で、初めて年間で3000万人を上回った。詳細は別途記載(下記関連記事)。

■海外ニュース

ユナイテッド航空 成田-グアム線グループキャンペーン
求人広告
ワンクリックアンケート

夏季休暇は何月に取りますか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ