トラベル懇話会が新春講演会-原会長、業界活性化へ活動に意欲

  • 2019年1月10日(木)

トラベル懇話会会長の原優二氏 トラベル懇話会は1月10日、恒例の新春講演会を開催した。設立40周年であった昨年を経た今年は41回目の開催で、新会長の原優二氏は「激しく揺れ動く時代にどう活動していくか考えなければならない」と挨拶し、業界の成長に向けた活動に意欲を示した。

 原氏は、成人式でのパスポートの無料配布や海外旅行振興のための基金立ち上げなど若者の海外旅行振興策を盛り込んだ昨年の政策提言に言及し、観光庁からは「バラマキ予算」的であるとして不可能といわれていると説明しつつ、「しつこく粘り強く、こういうことを言い続けたい」と強調。

小池百合子氏 また、「ZOZOTOWN」による採寸ボディスーツの配布とスーツのオーダー受注というビジネスモデルについても触れ、中間業者が苦境に直面するのは旅行業界に限定されない大きな流れであると指摘。そして「旅行業法はこうした状況についていけているのか」と語りかけたうえで、状況は「待ったなし」でありなんらかの形で対応していかなければならないと訴えた。

 なお、原氏の挨拶に続いては観光庁審議官の金井昭彦氏と日本旅行業協会(JATA)会長の田川博己氏が祝辞を述べ、講演は東京都知事の小池百合子氏が「東京オリンピックに向けた東京都の取り組み」をテーマに実施。小池氏は、ホテルの整備状況や観光ボランティア制度、危機管理体制の構築などについて説明した。

■海外ニュース

■国内・訪日ニュース

メール新規登録
求人広告
ワンクリックアンケート

旅行することは好きですか?

投票する

助成金・補助金情報

「【京都市】外国人観光客受入環境整備助成金制度の拡充及び助成金の募集開始」
近年の外国人観光客の増加等に伴い、小売店や飲食店、宿泊施設等における多言語対応やキャッシ...

こんにちは、ゲストさん

ログイン

PHOTO NEWS

ビズリーチ

  • メールニュース登録
  • サプライヤー新規登録
  • マイページ・ログイン
  • サプライヤー・ログイン
  • 媒体資料
  • 求人情報新規登録
  • 優待料金情報新規登録
  • お問合わせ
  • 広告に関するお問合わせ